行政書士、京都の街で奮闘中♪ 女性行政書士の日々雑感を京都から日々ゆっくりまったりお届けいたします。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2010年02月01日 16時56分28秒 更新

相続のお話の巻

本日の京都は雨。
けっこうひどい雨が降っています。
午前中山科区役所まで行ってきたら、ものすごく寒かった(><)

今日はいつもと趣を変えてちょっとしたお話を・・・・


次郎さんは個人商店を営む福山家の二男です。
母親の達子さんは次郎さんが学生のころに亡くなっていて、次郎さんの父の太郎さんは商店を切り盛りしながら男手ひとつで次郎さんと次郎さんの兄の一郎さんを育ててくれました。
次郎さんは父が営む商店とは別の会社に就職し、隣県で家を買い求め妻子と共に暮らしています。
家族思いの兄の一郎さんは高校を卒業してから父の経営する商店を手伝って暮らしており、成果である一郎さんの住む家から徒歩5分のところにマンションを借りて一人暮らしをしていました。ちなみに一郎さんは独身です。
次郎さん家族と一郎さんは大変仲が良く、週末に太郎さんの家で太郎さんの家族を交えて夕食を一緒にすることも多々あり、一郎さんは次郎さんの子供たちを自分の子のように可愛がっていました。
近年、商店の近くに大型スーパーが進出したこともあってか太郎さんの商店の売り上げがおもわしくなくなり、これを打開するためにお店を改装することになりました。
資金は太郎さんの持っている定期預金を解約したものと、太郎さんが長年懇意にしている取引先の小田切社長から借金して工面した300万を当てました。
改装したお店は改装当初は物珍しさもあってか売り上げが向上したように見えたのですが、日がたつにつれて元に戻り結局300万円の借金は未だ返済できていません。
そんな日々の心労がたたり、ある日突然倒れた太郎さんがあっけなくこの世の人ではなくなってしまいました。
いつまでも悲しみに浸っているわけにはいかず、悲しみが癒えぬまま兄弟は太郎さんの遺産の整理を始めました。
結局、太郎さんが残したのは商店兼自宅である家の賃借権と小田切社長に対する借金300万円および信用金庫の普通預金が12万円であることが判明しました。
父の最後の望みが商店の再建であることを知っていた二人は、太郎さんの遺産のすべてを一郎さんが受け継ぎ守ってゆくことに決めて次郎さんが相続を放棄する旨の覚書を作りました。

それから1年。
悲しいことに兄である一郎さんは結局商店を立て直すことが出来ずに借金を重ねた後、今は行方不明になっています。
ある日、小田切社長が次郎さんのもとを訪ねてこう言いました。
「お父さんの残した借金300万を返してくれないかな。」

次郎さんは兄との約束で相続を放棄したのだから自分には父の残した借金を支払うべき義務はないのではないかと思っています。
相続放棄がちゃんと認められるのであれば次郎さんは借金の支払いはしなくてよさそうな気がしますが、果たしてどうなのでしょう?

相続が開始した場合(通常は親族の誰かがお亡くなりになった場合)、相続人は自分のために相続が開始したことを知った時から3カ月以内に限定もしくは放棄をする場合には、その意思を表示しなければなりません。
だから、次郎さんは太郎さんが亡くなったことをした時から3カ月以内に相続表示の意思表示をしなければなりませんでした。
今回のケースでは兄弟でお話をして次郎さんが遺産を放棄すると決めたのだからそれでよしといえるとも思えます。
だけど、相続放棄は要式行為です。
要式行為というのは、決められた一定のルールに従って行為をしないと求める効力は得られないという性質のものを言います。
民法は相続放棄をする場合には「家庭裁判所への申述」が必要だとしています。
つまり、家庭裁判所へ申述書を必要書類とともに提出しないと相続放棄の効果は認められませんよと言っています。
今回、残念なことにこの手続きをしていませんでした。
相続はプラスの財産のみではなく借金においても起こります。
次郎さんは、小田切社長の返済の請求について全額を拒否することはできないのです。



実はこれはセミナーの講師をするために用意した原稿です。
いくつか作ってボツになってお蔵入りしていたもの^^;
やっと日の目を見ました



ブログネタに困ったなと思っているそこのあなた、正解
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
2010年02月01日 16時56分28秒 in 相続
トラックバック (0) コメント (6)

2008年12月18日 12時00分00秒 更新

会社員Iの遺言書の巻

本日の京都は曇り空。
ちょっぴり寒い日になりそうです。

私は、今日はお昼から年賀状を作る予定^^
早くしないと、と思いつつずれ込んでしまったので急いで作らないと^^;


最近は遺言書を作る人が増えてきました。
自分がこの世を去った後で起こるかもしれない遺産相続のトラブルを避けるためが主な目的です。

人がこの世を去る時、多かれ少なかれ自分の生きた痕跡を残してゆくものなので財産の多少にかかわらず残された人に遺産トラブルでの負担がかからないようにするのは愛情の表し方の一つなのかもしれません^^


かく言う私も毎年年末の大掃除の後に自分の遺言書を作ります。
平均寿命に到達するのはまだまだ先のことですが・・・。
とはいっても、財産はそれほどないのでこれについてはほんの数行で終わり^^;。
大半は、いつもは照れくさくて言い出せない大好きな人たちへの感謝の言葉です。

会社員Iさんが遺言書を書こうとしています。

Iさんは普通のサラリーマン。
ご家族は、奥さんと一男二女。それに、長女の旦那さんと長女夫婦の間に生まれたお孫さんと愛猫と市街地のかなり大きな庭付き一戸建て住宅で暮らしています。
Iさんのご家族はとてもとても仲良しなのでIさんの死後残された遺産をめぐっていがみ合うということは夢にも考えられません。
だけど、絶対にもめないといえるわけではないし、自分の死後悲しみの癒えないうちにお葬式や相続手続きなどで疲れてしまうであろう家族の負担を少しでも軽くしてあげたいと思い遺言書を書くことにしました。

さて、遺言書の内容ですが遺言書は契約書類などとは違って一方的に遺言者の思いを伝える性質のものですから中身は基本的に何を書いても構いません^^
ただ、中でも法律上の効力が生じる部分というのは決まっていて、一般的に知られる財産処分の方法、死後認知、親権者の指定、遺言執行者の指定などがこれにあたります。

財産の処分は、よく知られている法定相続人以外に対してもできます。
ただ、兄弟姉妹を除く法定相続人には遺留分というものが認められており、この割合を越えての贈与が記されていた場合には争いの種になることも考えられますので十分気をつける必要があります。

Iさんは自分の財産をの処分を法定相続人である奥様とお子さんたちに法定相続分に従った割合で残すことにしました。
ちなみに、Iさんの財産を法定相続分で処分すると、奥様が1/2,お子さんたちが残り1/2を均等に1/3づつということになります。
同居していていつもお世話になっているとしても、長女の旦那様は法律上の相続人ではないことに注意しなければなりません。
猫のタマも相続人ではありません^^;
離れて暮らすIさんの双子の兄弟のUさんは相続人ではありますが順位が低いので、お子さんたち及びお孫さんがすでに亡くなっているときにしか相続人とはなりません。
お孫さんのTちゃんは相続人ですが、Uさんと同様順位が低いので今回は相続人から外しました。

もちろん、遺言書の内容を法定相続分と異なる割合にすることも可能です。
たとえば、長男のK氏にすべての財産を譲るとしても問題はありません。
ですが、遺言書がきっかけでIさんの死後にそれまで仲良のよかった家族が仲たがいするといった結果を生み出すような危険性の高い内容の遺言書を安易に作ることは出来る限り避けた方が賢明ではないかと思います。

内容が決まれば、書式をどうするかが問題になります。
遺言書の種類は自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3種類があります。

もっとも簡易な方法は自筆証書遺言で、作成者であるIさん自身が自筆し、作成日付を記して捺印すると出来上がりです。
作成に費用がかからず、遺言書の内容を秘密にできることにメリットがあります。

自筆証書遺言は自分で作成するので内容に不備があるかもしれないし、死後発見されないかもしれないと不安に思ったIさんは公正証書遺言を作成することにしました。

公正証書遺言は、作成に法律家が関与することによって内容の正確性が担保されるのと同時に公証役場で保管してもらえるので紛失・改ざんの恐れがなく相続が発生した場合に家庭裁判所での検認の手続きを要しないというメリットがあります。
作成に多少の費用はかかりますが、安全で確実な方法だと言えます。


遺言書を無事作成し終えたIさんはほっと一息ついています^^
備えあれば憂いなし、よかった、よかった^^


本日の提供はちあきでお送りいたしました。



こんなの貼ってみました^^

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングへ


















2008年12月18日 12時00分00秒 in 相続
トラックバック (0) コメント (0)

2008年11月01日 11時17分16秒 更新

無料法律相談の巻

長いこと旧司法試験を受けてました。
いわゆる司法浪人です。

勉強を始めてから暫くは周囲には内緒にしてました。
「なんで?!」って反応のたびに言い訳がましい言葉を並べるのがイヤだったので^^;

司法試験はなかなか仕事と両立して出来るものではありません。
ちゃんとやって合格していく人もいますが、私はそこまで能力がなかったので時々バイトのほとんどニートみたいな生活をしていました。

そんな生活を続けていると、当然うわさになるわけで、そのうわさも全然良くないものであるわけで・・・後ろめたさに負けちゃった本人および母がぽつぽつと秘密を口外するようになり^^;正体が少しずつばれてきました。

そうすると、時々ほんのたまぁ~になんですけど法律相談を持ちかけられるようになりました。
単なる受験生の分際で法律相談なんておこがましいと思っていたので最初は丁重にお断りしていました。だって、人の一生に関わることについていいかげんな事はなるべく言いたくないですから^^;

だけど、択一試験に合格したこ頃から『ちょっとだけ法律知ってるって言っていいんじゃないかなぁ』なんて思って(プロの方、驕ってしまって申し訳ありません)ちょっとだけ、知ってることだけ、ご相談にのることにしてみました。もちろん、雑談の延長として、当たり前ですがお礼は頂きません。

多いのは、離婚関係・相続関係・借家関係・・・・一番身近な問題だし、深刻な問題ですから。
いくつかお話を聞いてみて感じたことは、交渉・争いで一方だけが知識を持っている若しくは双方知識がないためにものすご~く理不尽な結末をむかえるケースが多々あること。
当時は、こういう不公平がなくなるように一日も早く司法試験に合格して損している人を救いたいなんて青臭く希望に燃えておりました^^;

で、現在の私・・・・
法律家と呼ばれる職業につく夢は途絶えたけれど、新しいポジションで『知らないから損している人』の力になることが出来たらいいなぁ~と漠然と考えています。
まだまだ未熟すぎて形にはならないけれど、いつかそういう人になりたいなって思ってます。



今日はひとりごとになっちゃった^^;


2008年11月01日 11時17分16秒 in 相続
トラックバック (0) コメント (0)

  BLOGTOP  
プロフィール

ちあき

Author:ちあき
京都の女性行政書士です。

遺言書の作成・相続手続き・離婚協議書の作成・ビザの取得申請・帰化申請・会社設立ナドなど・・・・・毎日そういう事に関わるお仕事をしています。

ご興味のある方はこちらまで↓

離婚についてはこちら

産業廃棄物収集運搬業許可申請はこちら

帰化申請はこちらから

ビザ申請はこちら

知恵の経営ナビゲーターです

風俗営業許可、旅館営業許可もやってます^^

使い方がいまいちわからないツイッター^^;
ツイッター

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


   
copyright (c) 行政書士、京都の街で奮闘中♪ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。