行政書士、京都の街で奮闘中♪ 女性行政書士の日々雑感を京都から日々ゆっくりまったりお届けいたします。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2009年01月31日 22時11分53秒 更新

社長さんの孤独・・・の巻

最近よく思うこと。

一人でお仕事していると、孤独です。

会社などでは、多少人間関係で悩んだりすることなんかはあるけれど、誰かと助け合ったり、話し合ったりしながらお仕事をしていくものです。

一人でお仕事していると、何もかも自分でできる気楽さはあるけれど全部自分で決めなきゃならないし、下手すると一日中口を開かないことだってある。

誰かにメールしておしゃべりしようかなと思ったりもするけど、悩みの中身は言えなかったり、お仕事中のお友達とは時間が合わなかったり・・・・。

最初は「わずらわしくなくていいかも♪」って思ったけど、やっぱり孤独だなぁってようやく実感。

社長さんの孤独って、こういうことなのかしら?





社長さんじゃないけど^^;


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報










スポンサーサイト
2009年01月31日 22時11分53秒 in 会社
トラックバック (0) コメント (2)

2009年01月06日 11時51分35秒 更新

ウェッジウッドの破たんの巻

本日の京都は晴れ。温かい一日の始まりです。

今朝、事務所開設のお祝いにきれいなお花が届きました(*^^*)
さっそく玄関に飾って朝からうきうきです♪

開業祝い


有名な陶磁器のメーカー、ウエッジウッドの親会社が倒産したそうです。
ブルーの地に白い模様が浮き出た美しいティーカップをご存知の方も多いはず。
安い食器にシェアを奪われたことに加えて、金融危機の余波をうけた事が倒産の原因なのだとか・・・。
伝統ある陶磁器メーカーは身売りされ残るようですが、とっても悲しいです。
ワイルドストロベリー、お気に入りだったのに・・・。

安価に何でも手に入る時代だけど、本当に良いものは残っていってほしいなと切に思います。
職人さん達が、細部まで手を加えて丁寧に作り上げたものは他には絶対にない美しさを持っているから。
有名ブランドであるか、そうでないかとは関係なく本物はやっぱり本物だし、丁寧に作り上げた「作品」は心まで潤わせてくれるような気がします。
そして手間と暇がかかるぶんそれなりに高価になるのは当たり前のこと。
きちんと作り上げられた本物が安モノ競争の中でなくなってゆくことは辛いことです。


ふと手元を見ると、ギリシャの神殿の柱をモチーフにデザインされたお気に入りのマグカップ。
ウエッジウッド社製。
なんとなく感傷に浸りつつ、薄利多売ではなく、丁寧に仕事をする本物になりたいとちょっと思った私でした^^;


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングへ







2009年01月06日 11時51分35秒 in 会社
トラックバック (0) コメント (0)

2008年12月15日 11時53分47秒 更新

会社って何だろうの巻

朝、コーヒーを飲みながらPC内をうろうろしてニュースを読むのが日課です。
さっきは福井県の東尋坊で監視員さんによって助けられた自殺志願者の6人のうち4人が職を失った派遣社員だったという記事を読みました。

一般的に、活字になる記事のすべてが裸のままの真実であるとは思わないけれど、この記事を見た時には涙が出ました。

さっき、感情にまかせて好きなこと書いたので(いつもだけど^^;)まともに法律的なことを書いてみようと思います^^
お題は「会社って何だろう?」です。

会社を規律する法律は会社法です。
会社法において定められている会社は、株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4つです。
一般には「会社」と言えば株式会社を連想する方が多いので4つの会社の中の株式会社の成り立ちについて書こうと思います。

まず、会社は何を目的に作られているのでしょうか?
法律上は株式会社は社員に利益を分配することを目的としています。
ここで、注意しなければならないのは、一般に「社員」と呼ばれる雇用されている人が「社員」ではなくて出資者である「株主」を社員と呼ぶことです。
一般に「社員」と呼ばれる人は会社と雇用契約を交わしている被用者と呼ばれ、法律上の「社員」とは区別されます。

株式会社は、もともと大規模な経営によって大きく利益をあげてたくさんの富を出資者に分配することを理想としています。
ただ、大きな出資を募るには少人数の出資者からの出資を待っているだけではなかなかうまくいきません。
そこで、必要な資金を得るためになるべく沢山の人から出資を得たいと考えます。少しづつの資金でも、たくさん集まれば大きな資金になりますから^^
そうやってたくさんの出資者から大きな資金を集めて会社の基礎である資本が形成されます。

さて、会社の基盤ができたとしても、次にどうやって利益を上げるかが問題になってきます。
本来は出資者であり、実質的な所有者である株主がみんなで集まって話すべきでしょう。
だけど、見ず知らずのものすごくたくさんの人がいちいち会社の経営戦略を練っていちいち話し合うのは現実的ではありません。
そこで、経営は経営のプロである役員にお願いします。
この役員は一般にも役員と呼ばれている人たちで、彼らは会社とは雇用関係にあらず,もちろん会社の持ち主でもありません。効率的に会社の利益を上げるために会社から経営を委任された立場の人たちです。
だから、役員たちは自分の持てる知識を総動員して会社に利益が出るように経営についての意思決定をしたりします。
だからといって、株主は会社の経営を役員に任せたとしてもすべてを任せたわけではありません。
自分の持ちモノである会社が役員によってきちんと経営されているか監視したり、会社の最重要課題については決定するために株主総会を構成して会社経営に携わります。

こうやって会社が上げた収益が所有者である株主に分配されることになります。

これが法律上想定されている株式会社の簡単な仕組みです。



一般になんとなく考えている会社の仕組みとちょっとずれたりしていませんか?
初めて会社法(当時はまだ商法でしたが^^;)を学んだとき、ずっと思っていたものと違うと知ってちょっとばかり衝撃を受けたことを覚えています^^

理想と現実はいつも同じとはいきません。

難しい問題です^^;



こんなの貼ってみました^^

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングへ









2008年12月15日 11時53分47秒 in 会社
トラックバック (0) コメント (0)

2008年12月15日 10時04分23秒 更新

人は使い捨てでいいのか?の巻

本日の京都は朝から晴れています。
ちょっと寒いかなぁ…。やっぱり冬です^^;

昨日は勉強会で神戸まで行ってきました。
ルミナリエの最中とあって、さすがに三ノ宮駅の周りは大混雑でした。



最近は、毎日、まいにち、「世界的不況」の文字を目にします。
そして、毎日、まいにち、「○○○○人の人員削減」というニュースも目にします。
アナリストと呼ばれる人達の予想も、「景気回復の兆しは見えず最低でも来年前半までは景気後退が続く」といった悲観的なものばかりが目立ちます。
クリスマスに浮かれていられない悲しい現状です。

TVやニュースでは派遣切りが連日問題になっています。
職を失い、住むところを失った人々は年末の寒空の下でどうやって生きてゆくのか・・・・・それを考えると胸が痛みます。

ちょっと前まで景気は上向いているといわれていました。
だけど、庶民の私は^^;あまり実感はありませんでした。
切り詰めるところまで切り詰められた安い人件費の恩恵によって、利益を得ていた企業も少なくはないと思います。
確かに人件費は会社経営の上で大きなウエートを占めるので経営者としてはなるべくかけずに収益を伸ばしたいというのが本音でしょう。
経費をスリム化すること自体は決して悪いことではありません。

ただ、人は機械じゃないから労働効率は数値化された期待値のみでは測れないものがあると思うのです。「気持ち」が予想外の大きなものを生み出すこともあるし、反対にひどく悪い結果を生み出すこともあるのではないでしょうか。
景気の良い時はコストを下げるために最低限の賃金で働かせ、景気が悪くなればコスト削減のためにまっさきにお払い箱にする・・・・・こんなことを繰り返せば労働意欲は減退し、会社のために働こうという意欲なんか持てるはずがありません。
正社員だけがやる気があれば会社は安泰ですか?
正社員になれるような人は会社が手放したくないだろうからクビにされるはずなんてないと自信をもって言えますか?
それは違うと思います。派遣やパートを切り終わっても景気が回復しなければ次は社員です。
人を捨てることに慣れてしまった会社を良くするために、いつか自分は捨てられるかもわからないと思いながら頑張って働こうと思う人って世の中にどれだけいるのでしょう…。

経営者は、人を使い捨てる前に最大限の努力をしなければならないと思います。
選びうるすべての手段を講じて、それでもだめな時にしか「人を使い捨てる」という選択をすべきではないと思います。
経営者の手腕のみが会社を生かしているのではありません。頑張って働いてくれる「人」があるからこそ会社が生きるのです。

消費者である私たちも見ています。
そして私たちは知っています。
「人」である労働者を大事にしない会社は、「人」である消費者を大事にするはずがないということも。
辛い時に本当に切り捨てるべきものは何か、どうか判断を誤らないでください。


今朝見たニュースがあまりにも辛いものだったので、朝からちょっと感傷的な私です。


こんなの貼ってみました^^

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングへ












2008年12月15日 10時04分23秒 in 会社
トラックバック (0) コメント (0)

2008年11月24日 17時56分52秒 更新

お歳暮商戦の季節がやってきたの巻

今日の京都は雨。
気温はそんなに高くないけど、朝から外が暗くうちの中にいると昼夜の感覚がわからなくなりそうな一日でした。

本日、3連休の最終日。京都は一年のうちでもっとも混雑するシーズン。
京都通の方が「雨の京都がまたよい」とおっしゃっていましたが、私は混雑と雨を避けてお家で編み物なんかをしつつゆっくりまったり過ごしています^^

朝、新聞を広げるとお歳暮のチラシが入ってました。早期予約割引特典があるらしいです。
あぁ、もうそんな季節なんだなぁって思いました。
最近は長引く不況のせいでお歳暮の件数がどんどん減っているとか・・・。
確かに、毎年2回、みんなが似たようなものをたがいに送りあいして無駄遣いしている様にもみえますもんね^^;
お歳暮の時期になるとどこの家もハムを使った料理が食卓に上る率がグンとアップしたりして^^;

会社にいた時には、ちょっといい制度かもなぁって思ったことがあります。
しょっちゅうランチをごちそうになっていた上司に何かお礼をしたいけど突然プレゼントするってわけにもいかないし、どうしたものかと悩んでお歳暮時期にささやかな贈り物をした思い出が。

感謝の気持ちをさりげなく表せる絶好の機会なのかも知れません。


あぁ、そういえば・・・・
ものすごくお世話になった大学時代のゼミのT教授に随分長い間連絡してないなぁ(><)
怖いけど、大好きな先生です。
早めに挨拶に行かなければ!!と、思いつつ、時間が過ぎてゆく毎日です。


こんなの貼ってみました^^
ぽちっとしていただけると幸せになれます・・・・・・・・・・・・・・・・・・私が^^;

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ






2008年11月24日 17時56分52秒 in 会社
トラックバック (0) コメント (0)

  BLOGTOP  
プロフィール

ちあき

Author:ちあき
京都の女性行政書士です。

遺言書の作成・相続手続き・離婚協議書の作成・ビザの取得申請・帰化申請・会社設立ナドなど・・・・・毎日そういう事に関わるお仕事をしています。

ご興味のある方はこちらまで↓

離婚についてはこちら

産業廃棄物収集運搬業許可申請はこちら

帰化申請はこちらから

ビザ申請はこちら

知恵の経営ナビゲーターです

風俗営業許可、旅館営業許可もやってます^^

使い方がいまいちわからないツイッター^^;
ツイッター

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


   
copyright (c) 行政書士、京都の街で奮闘中♪ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。