行政書士、京都の街で奮闘中♪ 女性行政書士の日々雑感を京都から日々ゆっくりまったりお届けいたします。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2009年04月22日 10時09分06秒 更新

お母さんはお婆ちゃん?の巻

本日の京都は晴れ。
天気予報では夕方から雨のマークが付いていますが今はその気配はありません。

昨日このブログ経由で、ある大学の先生が行政書士という職業について大学でお話ししてもらえないかとお電話してきてくださいました。
本当に残念だったんですが、経験年数が浅い私ではご期待に添えず別の行政書士をご紹介しました。
でも、先生のお電話でいろんな人がブログを見て下さっているのがわかってとっても励みになりました♪もし、今日も見て下さっているのならありがとうございますとこの場を借りて感謝をお伝えしておきます。

実は毎日話題を探してきて何かしら書くという作業は当初思ったより難しいものでした(><)
どうせなら持っている知識を知りたい人にお伝えしたいし、かと言ってあまり業務に密着した事を書くと守秘義務を課せられている私たちの職業上問題が多いし・・・・。
人間だからどうしようもなく落ち込んだりして半泣きになりながら書いてる時だってあるし・・^^;
でも、なんとか(時々さぼったりしながら)続けてこれたのは見て下さっている方々のおかげだと思っています。
ブログの記事に対して時々反応があったりすると本当にうれしいんです(*^^*)
見ていただいてるみなさま、ありがとうございます。これからもよろしく♪


さて、今日は昨日に引き続いて「子ども」が主役の話題です。

生まれつき子宮がない娘の代わりに実母が代理出産した「孫」と、娘夫婦との間で、特別養子縁組が成立したというニュースを見ました。
子供が欲しいけれどいろいろな理由であきらめざるを得なかったご夫婦には朗報だと言えるのではないでしょうか?代理出産には感情だけでは済まない難しい問題が絡んできますが、まずは新しい命を授かったご夫婦におめでとうを送りたいです。

この話の中に出てくる「特別養子」って何だろう?
ふつうの養子と違うの?って思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?
答えは「違います」です。

民法上、二種類の養子があります。
ひとつは普通養子。もう一つはここに上がっている特別養子。
おおまかにいうと、特別養子は普通養子より一層養子の保護に重点を置いたものだと言えます。

具体的に、特別養子を迎えるためには・・・
・普通養子は届け出でよいのですが特別養子は家庭裁判所の審判を受けなければなりません。
・親となるものについては、普通養子は成年者であればなれますが特別養子は配偶者がいること及び25歳以上であることが条件になります。
・また、特別養子を迎えるにあたっては養子となる者が例外的な場合を除いて6歳未満であること及び6か月以上の試育期間を経ることという普通養子にない条件が付加されます。

そして、他にももろもろの細かい手続きを経て特別養子縁組が成立すると・・・
・養子は元の両親との縁を切り養親とのみ親子関係を築いてゆくことになります。
・誤解している人も多いのですが、普通養子となった場合は元親との法律上の親子関係は切れないので相続権は失いませんが特別養子は関係が切れてしまうので相続権もなくなります。
・そして、特別養子は養子の保護が目的なので簡単に離縁することもできません。

「家族」の観念が時代とともに変わってきている昨今、養子の制度を利用しようと思っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います。
いわゆる「血のつながり」は無視できないものかもしれないけれど、最も大切なのは子供にとって本来与えられるべき「愛されていると実感できる環境」があるかどうかだと思います。
いろんな形の「家族」の中で「愛されて育つ」子供がどんどん増えてゆくことはとても良いことだと思います。



ランキング、参加してます。
よろしければポチっとクリックよろしくお願いします^^

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングへ













2009年04月22日 10時09分06秒 in 身近な法律問題に
トラックバック (0) コメント (6)

コメント一覧

No title
ちあき様

何だかこちらへ訪問するのが日課になって来ました。
私たち夫婦にも子供がいません。
家族連れを見ると正直羨ましいと思うこともあります。
普通養子と特別養子の違い、昔勉強しましたね。
民法の親族・相続、懐かしいです。
Commented by: 中年の星こと嶋田不二雄  2009年04月22日 12時45分40秒  URL  コメント編集
No title
おはようございます。
本当に ブログ更新するのって 大変ですよね。
でも 見て下さる方が いるの解るって 励みになりますよね。

私も もっと先生みたいに しっとり知的に 
仕上げればよかったです。

私のやっているブログは、
HP(いずれ 考えています。)とリンクさすの躊躇さす位 
ばかな仕上がりで 嫌になります。


話は変わりますが
以前 体外受精で取り違え事件がありましたよね。
なんて 残酷なんだろうって あの時、強く思いました。

血のつながりって 何なんでしょうね・・・・・
Commented by: peco  2009年04月23日 09時56分23秒  URL  コメント編集
嶋田さま
おはようございます♪

日課にしていただいてありがとうございます^^
民法、勉強しましたよね。
司法試験受けてた時は択一前になると居眠りしながら寝言で条文口走ってたり・・。
今考えるとおバカさんです^^;
Commented by: ちあき  2009年04月23日 11時42分39秒  URL  コメント編集
pecoさん
おはようございます♪

「しっとり、知的に」と言えるかどうかはわからないけど・・^^;
前の記事を読み返してみるとおバカさんな内容も多数発見できますよ(TT)

pecoさんのブログの存在、知りませんでした。
そのうちぜひお邪魔したいと思います!

「血」についてはどうなんでしょうねぇ・・。
確かに遺伝的なものもあるからとっても強いものには違いないけれど、「家族」とくに「子ども」の成育環境という点からいうと私個人としては他に代えがたい何かがあるほどの重要性は感じられません。
家族の絆で最も大事なことは「血」ではなく、「いかに愛するか」の問題だと思っていますから^^
Commented by: ちあき  2009年04月23日 11時54分16秒  URL  コメント編集
No title
いかに愛するか
本当にそう 思います。
Commented by: peco  2009年04月24日 08時10分16秒  URL  コメント編集
Re: No title
実は一番難しいことなんですけどねぇ^^;
Commented by: ちあき  2009年04月24日 19時16分00秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://blue788.blog55.fc2.com/tb.php/158-627476ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
プロフィール

ちあき

Author:ちあき
京都の女性行政書士です。

遺言書の作成・相続手続き・離婚協議書の作成・ビザの取得申請・帰化申請・会社設立ナドなど・・・・・毎日そういう事に関わるお仕事をしています。

ご興味のある方はこちらまで↓

離婚についてはこちら

産業廃棄物収集運搬業許可申請はこちら

帰化申請はこちらから

ビザ申請はこちら

知恵の経営ナビゲーターです

風俗営業許可、旅館営業許可もやってます^^

使い方がいまいちわからないツイッター^^;
ツイッター

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


    
copyright (c) 行政書士、京都の街で奮闘中♪ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。