行政書士、京都の街で奮闘中♪ 女性行政書士の日々雑感を京都から日々ゆっくりまったりお届けいたします。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2009年04月30日 09時49分44秒 更新

時効?の巻

本日の京都は晴れ。
ゴールデンウイークも二日目に入りました。
新型インフルエンザの警戒段階の引き上げが今朝発表されました。
「豚肉を食べてもいいの?」とか変な心配しちゃってたけどた食べモノとは関係ないみたい^^;
人込みをなるべく避けて、うがいと手洗いをすればそれほど怖いものでもないみたいなのでちょっと安心しました。

今日の私はお昼から大阪まで行く予定です♪
もちろん、うがいと手洗いはしっかりします


昨日TVでやってたニュースなんですが・・・・・
小学校の用務員をしていた人が当時先生だった若い女性を殺害して自宅の床下に埋め、刑事の時効成立後自首したという事件。
当時の公訴時効は15年。時効が成立し刑事責任は問えない状態になっていたので民事で裁判を起こして損害賠償責任の追求という形でその責を問うたというもので、最高裁で賠償責任が認められたというものでした。

悪いことをした人は当然自分でちゃんと責任を取るべきだと思います。
時効が成立したと言っても犯した罪は消えません。これは当たり前のこと。
だから、「よかった」・・・・・・と言いたいところなんですが、ちょっとわからないことが(><)

公訴時効制度の是非については次元の違う問題なのでちょっと置いておいて前置きを・・・。

民事と刑事で時効期間が違うのはそれぞれ別の目的を持つ制度だからです。
学校では、公訴時効の目的は「有罪証拠の散逸・社会の関心の低下・人権保護」、民事時効の目的は「永続した事実状態の保護」と習います。
だから、別々の法律の中で期間が違った時効制度がとられていても矛盾するものではないのです。
ただ事件が起こった場合に、その事件を起こした人は民事・刑事両方で責任を問われる立場にあるため同じ事実で別方向から責任を問われることになります。

さらに、民事には時効とは別に除斥期間という制度があります。
この除斥期間は時効とは似て非なるもので、請求によって中断されたりせず事件発生の時から淡々とカウントダウンを始める性質を持っています。
一定程度の長期間事実状態を保っていればその状態を保護しようとするものです。

前出の事件で問題になっているのは実は時効ではなくてこの除籍期間の問題。
この事件では除籍期間が経過してしまっていたようなのですが、高裁はこれを排除して被告の損害賠償責任を認め最高裁もこれを支持したとニュースでは伝えられていました。

裁判は客観的でなければならないし、人によっててんでバラバラな判断がされるといったものであってはちょっと困る。
だけど、個々の事件において事情はまったく違うのだからそれぞれの事件で実情に合った判断をすることが要求されます。だから、裁判官って本当に大変なお仕事だと思います(><)

今回の事件でどうして通常ならみんなに適用される制度が適用されず「除籍期間の排除」という結果になったのかとても興味があるんです。
もちろん感情的にはわかるんですが理論的にはよくわからない(><)
だから、結果にではなくてその結果が出てきた過程に興味があります。
新聞やニュースでは判決文が全文掲載されることって少ないけれどちょっと大きなニュースがあった時は掲載してほしいなぁ~って思います。
そうするともっと一般国民が司法に興味を持てるような気がするんですが・・・・。

帰ってきたらこの事件についてちゃんと調べてみたいと思います。
まだよくわからず、理解できていない状態なので^^;
訂正や「なるほどそうか!!」という発見があったらここでまた書こうと思います。



ランキング、参加してます。
よろしければポチっとクリックよろしくお願いします^^

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングへ



2009年04月30日 09時49分44秒 in 身近な法律問題に
トラックバック (0) コメント (6)

コメント一覧

No title
この判例 新聞でみて びっくりしました・・・
これって かなりスゴイことなのでは・・と
本当に 心理的には、ごく当然の事だし
こうあるべき なのだけど・・・・

どうなるんでしょ?どういうことなんでしょ?
Commented by: peco  2009年05月01日 09時49分32秒  URL  コメント編集
No title
ちあき様

北海道もやっと桜が咲きました。
「公訴時効」の期間が延長されましたが、
税金の無駄遣いで意味がないという意見
もあるようです。
私ももう一度勉強しなおしたいと思います。
Commented by: 中年の星こと嶋田不二雄  2009年05月01日 10時07分08秒  URL  コメント編集
人によっててんでバラバラ?
以前、知り合いから「行列のできる法律相談所」は、なぜ全員同じ答えにならないのか?と聞かれたことがあります。
返答に窮しました!
「法律の解釈が・・・」とか、「判例が・・・」とか言っているだけの自分と、相手が納得していないのがありありとうかがえて背中に冷たいものを感じたことがあります。

ちょっとピント外れコメントでm(__)m
Commented by: ema  2009年05月01日 13時07分39秒  URL  コメント編集
pecoさん
ちょっとびっくりな判決でしたよね。
結論に反対じゃないけどどういう理論展開がされたか知りたかったんですよ^^;
Commented by: ちあき  2009年05月01日 19時22分51秒  URL  コメント編集
嶋田さま
北海道は綺麗な時期ですね^^
美味しいものもたくさんあるし、行きたいなぁ~。

時効については色々難しい問題がありますよね。
どっちにしても、「時効期間が満了したから許された」とは決して思って欲しくないとは思います。

Commented by: ちあき  2009年05月01日 19時25分40秒  URL  コメント編集
emaさま
それ、私も言われたことがあります^^;
家族と一緒にその番組見てて「どうなの?」って聞かれて出した答えが出演している弁護士とは違ったら、「だから受からないんだぁ~」って(><)

数学みたいに一つの答えが出るわけじゃないけど分かってもらうのは難しいですね^^;
Commented by: ちあき  2009年05月01日 19時29分34秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://blue788.blog55.fc2.com/tb.php/166-14a38b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
プロフィール

ちあき

Author:ちあき
京都の女性行政書士です。

遺言書の作成・相続手続き・離婚協議書の作成・ビザの取得申請・帰化申請・会社設立ナドなど・・・・・毎日そういう事に関わるお仕事をしています。

ご興味のある方はこちらまで↓

離婚についてはこちら

産業廃棄物収集運搬業許可申請はこちら

帰化申請はこちらから

ビザ申請はこちら

知恵の経営ナビゲーターです

風俗営業許可、旅館営業許可もやってます^^

使い方がいまいちわからないツイッター^^;
ツイッター

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


    
copyright (c) 行政書士、京都の街で奮闘中♪ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。