行政書士、京都の街で奮闘中♪ 女性行政書士の日々雑感を京都から日々ゆっくりまったりお届けいたします。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2009年07月31日 17時26分17秒 更新

法律は誰のもの?の巻

本日の京都は晴れ。
私の気持ちとは正反対のとっても良いお天気です。

毎日いろんな事がたくさんあります。
唇をかみしめるような出来事や、取り返しのつかない失敗も。
たまには泣きながら眠れない夜を越し、腫れぼったい目の朝を迎えることだってあります。
ちっちゃくて愚かな人間だから。
でも、朝起きて青い空を見るとがんばろうって思います。
泣いても笑ってもみんなに平等に終わりは来るのだから、カラ元気でも笑って毎日を過ごしたいと思います。

本日のお話は法律って誰のものだろうというお話。

私たちは生まれながらにして誰にも邪魔されることのない、誰にも傷つけられることのない人権を享受しています。
とっても尊いものです。
仮に、人が誰ともかかわらずたった一人で生きてゆけるのなら誰に傷つけられることなく完全に自由な人生をおくれるかもしれません。

だけど・・・・人はたった一人で生きてゆくことはできないものです。
だから寄り添って生きています。
みんなそれぞれ違うもので、違う意見を持って、違う人生を生きています。
寄り添って生きると必然的に摩擦が起こります。
だから人は寄り添って暮らすためにみんなが少しずつ譲歩して一定のルールを決めてそれに従って暮らすことにしました。

そうすると、このルールを決める権限はだれが持つのかが重大な問題になってきます。
ルールの内容によっては思いもよらない悲劇がおこったり、とんでもない不公平がおこったりしますから。
そこでみんなは考えました。
自分たちの大切な自由を制限するルールは自分たちで決めようと。
そうすれば、必要以上に自由を制約することもなく、公平を欠くこともない最も良い形のルールが決めることができるだろうから。

小さな集団であったときはみんなが参加してルールを決めることができたけれど、集団はやがて大きくなってゆきます。
全員で討議を尽くすことは難しくなり、いろんな危険が伴うことになってきました。
そこで、全員の中から代表を選びその人たちに代表でない人の意思を託すことにしてルールを決めることにしました。

だから、本来的には代表たちによって作られるさまざまなルールは集団の構成員である国民のものなのです。

法律を語ることは、決して選ばれた一握りのエリートのみに許されるようなものではありません。
ちっぽけなエリート意識や、営利主義によって国民から取り上げられるような性質のものではないことをお忘れの方がけっこうたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか。




ランキング、参加してます。
よろしければポチっとクリックお願いします^^

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

人気ブログランキングへ



2009年07月31日 17時26分17秒 in 身近な法律問題に
トラックバック (0) コメント (4)

コメント一覧


ちあき様

昨日の免許証の有効性については何の理論づけもせず、
「何となく」の感覚でコメントしてしまいました。
(法律に携わる者として恥ずべきことです)
申し訳ありませんでした。
本日のブログの内容は「まさにその通り」というほかありません。
Commented by: 中年の星こと嶋田不二雄  2009年08月01日 14時30分17秒  URL  コメント編集

法律って 普通に生活してると 絶対で 遠いもの ってイメージって
ありますよね~

でも 所詮 人がつくった もので 
実は、たわごとに過ぎないものも あったりするので
もっと 気軽に 興味もってもいいもの なんですよね~

Commented by: peco  2009年08月02日 11時37分54秒  URL  コメント編集
嶋田さま
こんにちは^^

ごめんなさいv-388
なんか私の言い方が悪かったですね(><)

感覚で言うのは全然いいんですけど。
何でもすぐに「どうしてだろう?」って突き詰めて考えちゃう性格なので理屈がわからないと混乱してしまうんです^^;
Commented by: ちあき  2009年08月02日 15時49分59秒  URL  コメント編集
pecoさん
こんにちは^^

法律はみんなのものなんだと思います。
専門的にお勉強して法律については何でも知っていると認められた人のみのものではないから、いろんな人がいろんな考えを持って法律について語るのは普通のことなんだと思います。
法律をお勉強する人はみんな一番最初にこのことを学ぶのに、難しいお勉強を進めていった先で忘れちゃう人もたくさんいるような気がして、ちょっと悲しいなぁ~。



Commented by: ちあき  2009年08月02日 15時58分39秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://blue788.blog55.fc2.com/tb.php/249-cf06ddfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
プロフィール

ちあき

Author:ちあき
京都の女性行政書士です。

遺言書の作成・相続手続き・離婚協議書の作成・ビザの取得申請・帰化申請・会社設立ナドなど・・・・・毎日そういう事に関わるお仕事をしています。

ご興味のある方はこちらまで↓

離婚についてはこちら

産業廃棄物収集運搬業許可申請はこちら

帰化申請はこちらから

ビザ申請はこちら

知恵の経営ナビゲーターです

風俗営業許可、旅館営業許可もやってます^^

使い方がいまいちわからないツイッター^^;
ツイッター

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


    
copyright (c) 行政書士、京都の街で奮闘中♪ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。