行政書士、京都の街で奮闘中♪ 女性行政書士の日々雑感を京都から日々ゆっくりまったりお届けいたします。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2010年02月18日 10時47分46秒 更新

携帯チェックは罪?の巻

本日の京都は晴れ。
澄み切った綺麗な青空です。

今日も私は朝からけっこう忙しくPCの前に座ってキーボードをパチパチしたり、電話をかけたりしています。
開業して2年目に入りましたが、行政書士の業務は広く、まだまだしらないことがたくさんあります。
そういう時にとっても頼りになるのはお知り合いの先輩たち。
実は今も厚かましくも突然の電話で「わかりませ~ん(TT)」と泣きついて助けていただいていたところです。

何にも出来ないのでここでお礼をば・・・・。
先生、とってもお忙しいのにありがとうございました
いつも、頼ってばかりでごめんなさい


自分勝手にすっきりしたところで今日の本題に・・・・・


パートナーの浮気が気になって携帯をチェックしている人、よくいます^^;

離婚相談受けるとよくこの話題が出てきます。

「他人の携帯を盗み見る行為は犯罪ですよね」って、半ば脅迫的な形相でよく聞かれます。

実際はどうなのかというと、現在の刑法では携帯ののぞき見にたいする罪はありません。
時々、法律についてよくお勉強されている方に、「信書開封罪に当たりますよ」って言われることもありますが、「信書」は今のことろいわゆる「お手紙」を指すので携帯電話を見ても信書開封罪には問われないのではないかと思います。

では、野放しなの?というとそうでもないかもしれません。
他人の携帯電話のなかみはプライバシーの権利によって保護されるべきものなので、みだりに他人の携帯電話のなかみをチェックする行為は不法行為として損害賠償請求の対象にはなるように思われます。

でも・・・・たいていの場合、携帯電話のチェックは「浮気」の事実を確かめるために行われています。
で、これまた たいていの場合「浮気」の証拠が出てきちゃうのでこまったものです(><)

当然ながら、「浮気」は不法行為です。

たぶん損害賠償請求される額も、相手に与える精神的ダメージも、「携帯チェック」よりもはるかに大きいような気がする・・・・・。

浮気の証拠を見つけられて逆切れするより、まずは「浮気」をしないほうがよろしいのではないかと、老婆心ながら思うのであります(誰が老婆やねん・・と、とりあえず突っ込んでおく)。



お誕生日は過ぎたけど、まだ老婆じゃないもん(`3´)
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


2010年02月18日 10時47分46秒 in 身近な法律問題に
トラックバック (0) コメント (8)

コメント一覧

超ウケル
「誰が老婆やねん」
の突っ込みに一人でPCの前で大爆笑してしまい、思わずコメントしてしまいました。v-408
Commented by: クボ  2010年02月18日 12時24分27秒  URL  コメント編集
Re: 超ウケル
クボさん

ウケてくれてありがとうございます^^;
Commented by: ちあき  2010年02月18日 21時34分23秒  URL  コメント編集
NoTitle
ちあきセンセは老婆じゃないやい!

ぷりんのすてきなおねえさまだいっ!

(。。。老婆2号ここにいますがな~(-゛-;)~)
Commented by: 黒胡麻ぷりん  2010年02月18日 23時56分55秒  URL  コメント編集
NoTitle
ちあき様
「携帯チェック」ありがちな問題ですね。
新しく法律でもできるのでしょうかね。
Commented by: 嶋田不二雄  2010年02月19日 09時08分28秒  URL  コメント編集
Re: NoTitle
嶋田さま

こんばんは。
法律が出来るかどうかはよく知りませんが・・・・^^;

けっこう誤解している人が多いので書いてみました
Commented by: ちあき  2010年02月21日 20時58分02秒  URL  コメント編集
Re: NoTitle
ぷりんさん

老婆はあんまりなので激しく抵抗したいお年頃なのですv-389
Commented by: ちあき  2010年02月22日 11時52分27秒  URL  コメント編集
NoTitle
こんにちは。
興味深い話題ですね。

たしかに浮気はよくないですが、だからといって携帯電話を調べるのが許されるというのはちょっと…

レベルが違うかもしれないですが、刑事訴訟法上でも、違法な方法で収集された証拠は証拠能力として除かれるはずです。しかも違法な方法でなされたということで訴訟自体、実態審査に入らず棄却される場合もあろうかと思います。だとすれば…(昔の話なので用語とか、使い方が違うかもしれないですが)

もちろん浮気を奨励、擁護するわけではないですが、携帯電話を盗み見ることはやめましょう笑

現役法学部の学生さんにもちょっと投げかけてみます^^
Commented by: 39えもん  2010年02月23日 12時16分07秒  URL  コメント編集
Re: NoTitle
39えもんさん

こんにちは。
最近、他人の携帯電話を見る行為についてはよく聞かれます。
確かに誉められた行為ではないんですけど、法律上は皆さんが思うほど重い責任が問われるものではないような気がするんです。

39えもんさんがおっしゃっているのは「違法収集証拠排除法則」のことですよね^^
確か、刑事訴訟法でお勉強したような・・・・^^;。
法が公正であることを守ること及び将来の違法捜査の予防という目的のもとで採用される。そして、違法に収集された証拠のみによって公訴提起された場合には公訴提起自体を無効と考えようとするものだったかしら(細部は忘れちゃったけど^^;)。

ただ、これは公訴が提起される若しくはその後に公判をどうやって維持するかの問題であってその前提となる犯罪自体がないような場合は当てはまらないのではないかと思います。

また、民事では確かに709・710で損害賠償責任を問えたとしても(加えて、不法行為における損害賠償請求が相殺できない性質のものであっても)仮に「浮気」の事実が立証されれば、より大きな損害賠償債務を負うことになるので、ザクっととらえると損なんじゃないかなぁ~って思うわけです。

現役の法学部の学生さんたちはどうお考えになるか、とっても興味があります^^
ぜひ続報を、よろしくお願いします♪
Commented by: ちあき  2010年02月23日 15時03分42秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://blue788.blog55.fc2.com/tb.php/405-61bdf6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
プロフィール

ちあき

Author:ちあき
京都の女性行政書士です。

遺言書の作成・相続手続き・離婚協議書の作成・ビザの取得申請・帰化申請・会社設立ナドなど・・・・・毎日そういう事に関わるお仕事をしています。

ご興味のある方はこちらまで↓

離婚についてはこちら

産業廃棄物収集運搬業許可申請はこちら

帰化申請はこちらから

ビザ申請はこちら

知恵の経営ナビゲーターです

風俗営業許可、旅館営業許可もやってます^^

使い方がいまいちわからないツイッター^^;
ツイッター

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


    
copyright (c) 行政書士、京都の街で奮闘中♪ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。